スペインのサンタンデール銀行は29日、8年間務めたフェラーリのスポンサーを今季限りで終了すると発表した。来季からは3年契約でサッカーの欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグのスポンサーをすることになった。

 スペイン出身のフェルナンド・アロンソの同チーム入りに合わせ、2010年に大口スポンサーに就任。アロンソが15年にマクラーレンに移籍した後も支援を続けていた。年間4000万ユーロ(約53億円)にも上るとされる支援を失うフェラーリには痛い決定だ。

 同銀行は07年にマクラーレンのスポンサーとしてF1に進出。「この11年間、F1を通して世界中にブランドを認知することができた」とした。