ウィリアムズのセルゲイ・シロトキン(22)に科されたペナルティーなどを巡ってチーム側から再審理の申し立てが出されたことを受け、国際自動車連盟とアゼルバイジャンGPの審査委員会は8日、裁定を変更しないと発表した。チーム代表者を聴取した結果、新たな証拠が見つからなかったという。シロトキンは4月29日.....
【ログインして続きを読む】