今月手術で容体悪化21日にフェラーリ会長退任したばかり
 イタリアのANSA通信などによると、欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の前最高経営責任者(CEO)で、フェラーリの会長を務めたセルジオ・マルキオンネ氏がスイスの病院で25日に死去した。66歳だった。

 今月に右肩の手術を受けた後に容体が悪化。21日に両社から退任.....
【ログインして続きを読む】