国際自動車連盟は27日、フェラーリからPUの供給を受けるハースとザウバーが、エンジン本体、ターボ、熱エネルギー回生装置を新仕様に換装したことを明らかにした。3部位については年間基数の上限にあたる3基目に達したため、次に交換した場合はグリッド降格の罰則を受ける。