Honda Racing THANKS DAY 2018
「レッドブル・ホンダとの仕事待ち切れないよ」
ファンの声援に応えるガスリー。来季の目標はでっかい(遠藤智撮影)
ファンの声援に応えるガスリー。来季の目標はでっかい(遠藤智撮影)
 【ツインリンクもてぎ(栃木県) ペ ン=栗原淳、カメラ=遠藤智】F1のレッドブルに来季移籍するトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(22)=フランス=が、ファンの前でタイトル獲得を宣言した。ホンダが今季後半に持ち込んだ最新型パワーユニット(PU)に期待を寄せ、来季コンビを組むレッドブルの躍進を誓った。 (観衆=2万4500人)

“今季初V”で決意新た

カート大会でコチラちゃん(中)に選手紹介される琢磨(左)とガスリー(松本浩明撮影)
カート大会でコチラちゃん(中)に選手紹介される琢磨(左)とガスリー(松本浩明撮影)
 初心に帰って決意を新たにした。ホンダのトップドライバーが総出演する恒例のカートレースで、ガスリーはトップチェッカーをくぐり、今季“最終戦”で表彰台の中央に立った。「今シーズン初優勝。とってもうれしいよ」と小躍りして喜んだ。1周約500メートルのコースを12周するレース。終盤にコーナーで前車の隙を見逃さず、奪首に成功した。

 「5歳の時にテレビでレースを見てF1ドライバーになりたいと思った。カートに乗って自分の可能性を見つけたんだ」。夢を追い掛けた幼少時代を思い出した。

トークショーで約束!!

 フル参戦初年。最高位は第2戦バーレーンGPの4位で、ランキングは15位に終わった。「貴重な経験をいっぱいできた。特にバーレーンのレースは忘れられない」と感傷的にシーズンを振り返った。

新型PU「期待持てる」

 来季は兄弟チームであるレッドブルの正ドライバーに昇格する。「みなさんに良い結果を届けられると確信している」。トークショーでファンに約束したのは、ホンダが10月の日本GPで本格投入した新型PU「スペック3」への揺るぎない信頼があるから。「シーズン終盤には手応えがあった。新型PUは素晴らしい。来季に向けて期待が持てる」

 2回目の参加となるこのイベントは、すっかり童心に帰って楽しんだという。「F1で世界チャンピオンになることが、ずっと僕の夢だった。今季は経験を積む準備の年だったが、来季こそは夢を実現する。レッドブル、ホンダと仕事ができるのが今から待ち切れないよ」

 ビッグマウスと思わば思え、ガスリーの目は真剣そのもの。来年はF1チャンピオンとしてこの場に戻ってくるという固い決意に満ちあふれていた。