第2回合同テスト第3日
2年目シーズン「跳ね馬の重圧」も皆無
フェラーリ初年度ながら速さに加え、大物ぶりも発揮するシャルル・ルクレール(フェラーリ提供)
フェラーリ初年度ながら速さに加え、大物ぶりも発揮するシャルル・ルクレール(フェラーリ提供)
 【カタルーニャサーキット(スペイン) ペン=ルイス・バスコンセロス】フェラーリのシャルル・ルクレール(21)=モナコ=が大物ぶりを発揮した。138周を走り込み、昨年のスペインGPポールポジションタイム(1分16秒173)に肉薄し、合同テスト最速を更新する1分16秒231を記録したが、「全開じゃな.....
【ログインして続きを読む】