第11戦ドイツGP
車体前方が白い塗装となったメルセデスのマシン(xpb)
車体前方が白い塗装となったメルセデスのマシン(xpb)
 【ホッケンハイムリンク(4・574キロ×67周) ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】メルセデスが母国GPで参戦200戦目を迎えることになり、特別に車体前部が白く塗られた“ホワイトアロー”のマシンで戦う。ドイツ車の本来のナショナルカラーは白。1934年6月、独ニュルブルクリンクで開かれた国.....
【ログインして続きを読む】