公式テスト第1日
 【ヤスマリーナサーキット(アブダビ) ペン=ルイス・バスコンセロス】ホンダ製パワーユニットを搭載する2チームが好調な走りを披露した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、この日最多となる153周を走り込むと、トロロッソは午後から担当したダニール・クビアトが3番手タイムをマークした。ともに来季用タイヤを装着。ソフトを試したクビアトは「来季用タイヤへの理解を深めながら、さまざまなデータも収集できた」と満足げに振り返った。フェルスタッペンはより硬いタイヤでレースを想定した走り込みに時間を費やした。