初のリタイア後、チームスタッフと話す角田(ゲッティ=共同)
初のリタイア後、チームスタッフと話す角田(ゲッティ=共同)
 予選Q1敗退で、16番グリッドから上位を目指した新人の角田は、燃料圧力が低下するトラブルに見舞われ、7周目のターン10でマシンストップ。リタイアに終わった。「フラストレーションのたまるレースウイークだった。ペースはかなり良かったので、完走できなかったのは、とても残念。マシンの調査を進め、エンジニ.....
【ログインして続きを読む】