初日に計50周を走り込んだ角田(尾張正博撮影)<br />
初日に計50周を走り込んだ角田(尾張正博撮影)
 角田は初日のフリー走行で2回ともコースオフを経験しながら、14&10番手で発進した。1回目はなかなかコースに戻れず、困って「バックできないんだけど…」と無線で訴える場面も。2回目には派手なスピンも喫したが、大会前に語った「ウオールにぶつからない」という決意は守った。ドライバー20人の中で最多とな.....
【ログインして続きを読む】