F1第6戦アゼルバイジャンGP 予選 5日 バクー市街地サーキット(6・003キロ×51周) ペン=尾張正博、ルイス・バスコンセロス
予選で自身初の最終Q3進出を果たしたアルファタウリの角田(左)。後方はメルセデスのハミルトン(AP)
予選で自身初の最終Q3進出を果たしたアルファタウリの角田(左)。後方はメルセデスのハミルトン(AP)
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)が、デビュー6戦目で初の予選Q3進出を果たした。前戦モナコGPの教訓を生かし、「もうウオールにヒットしない」と誓ってバクーに初挑戦。フリー走行で全ドライバー最多の計69周を走り込み、結果につなげた。前戦後に英国からチームの本拠地イタリアに移った環境の変化も.....
【ログインして続きを読む】