第6戦アゼルバイジャンGP決勝
思わぬアクシデントでマシンを降り、うなだれるフェルスタッペン(AP)
思わぬアクシデントでマシンを降り、うなだれるフェルスタッペン(AP)
 【6日 バクー市街地サーキット、ペン=尾張正博、ルイス・バスコンセロス】最後の最後に、よもやの展開が待っていた。優勝目前だったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(23)=オランダ=が46周目にタイヤバースト(破裂)で止まり、残り2周の再スタートではメルセデスのルイス・ハミルトン(36.....
【ログインして続きを読む】