第6戦アゼルバイジャンGP決勝
表彰台で笑顔を見せるペレス(左から3人目)。左端に2位ベッテル、右端に3位ガスリー(AP)
表彰台で笑顔を見せるペレス(左から3人目)。左端に2位ベッテル、右端に3位ガスリー(AP)
 【6日 バクー市街地サーキット、ペン=尾張正博、ルイス・バスコンセロス】フェルスタッペンのリタイアをカバーして移籍後初勝利を挙げたペレスは、油圧システムのトラブルを抱え、薄氷を踏む勝利だった。「リタイア寸前だった。幸運にもレースを終えられて良かったよ」。チェッカー後すぐに車両を止めるなどギリギリ.....
【ログインして続きを読む】