第6戦アゼルバイジャンGP決勝
 【6日 バクー市街地サーキット、ペン=尾張正博、ルイス・バスコンセロス】昨季トルコGP以来の表彰台となったアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは、頭脳的な戦いが光った。新品ソフトタイヤでスタートできたメリットを生かし、1回目のピットストップを遅らせて上位に食い込み、荒れた展開を味方につけて.....
【ログインして続きを読む】