空気圧が規定値より低かった可能性も
 第6戦アゼルバイジャンGP(6日)で起きたタイヤ破損に関し、F1にタイヤを1社供給するピレリが「設計や製造過程に問題はない」との調査結果をまとめたようだ。14日までに、イタリアの日刊紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などが伝えた。

 ピレリは調査を継続中で、正式発表には至っていない。同紙によると、.....
【ログインして続きを読む】