レース審査委員会はメルセデスのバルテリ・ボッタスに対し、3グリッド降格、ペナルティーポイント2点の罰則を科した。同選手はフリー走行2回目のピットレーンで派手なスピンを喫し、危険なドライブと判定された。