必死のアタックも届かなかった。フロントタイヤの温まりが悪い症状に悩まされたハミルトンは、アタックのタイミングを変えるなど執念を見せたものの、3番手止まり。同僚のグリッド降格で何とかフロントローを確保した。「マックスは今週も速いね。ベストは尽くしたけど…。予選で少し詰められたが、ずっとコンマ2秒ぐ.....
【ログインして続きを読む】