第16戦トルコGP決勝
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は悔しい14位に終わった。9番手スタートからハミルトンを8周に渡って抑え込むなど序盤は入賞圏内を走行したが、22周目に痛恨のスピン。「ハミルトンとのバトルでかなりタイヤを消耗し、ペースを上げるのが厳しい状態でプッシュしたら、スピンしてしまった」。今大会は7戦ぶりに.....
【ログインして続きを読む】