F1第21戦 サウジアラビアGP フリー走行 3日
開幕前日に取材に応える角田(尾張正博撮影)
開幕前日に取材に応える角田(尾張正博撮影)
【ジッダ市街地サーキット(6.174キロ×50周) ペン=尾張正博、ルイス・バスコンセロス】

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、終盤の2連戦をF1初年度の集大成とする覚悟を見せた。「まだクルマを操りきれていないが、それに近くなっている。来年につながるような走りをしたい」。安定感は増してきており、1年の成長の証しとして連続入賞を狙う。フリー1回目は15番手。「チームのためにポイントを取りたい。とにかくベストを尽くしたい」。渾身(こんしん)の走りを誓った。