フェラーリのシャルル・ルクレールがワンストップ作戦を決め、2位でゴール。同点で並んでいたレッドブルのセルジオ・ペレスを振り切り、選手ランク2位を守った。「僕らは他に道がなかった。うまくチェコ(ペレス)をツーストップに誘導できた」とニヤリ。“フェイク無線”でライバルに2度目のタイヤ交換を促し、自身は巧みなタイヤ管理で走り切った。ただ、今季は第5戦まで同首位に立ちながら、その後はレッドブルに歯が立たず。「シーズン半ばの停滞が、今でもいら立つ」と吐き捨てた。