ホンダのPU開発や製造、現場での管理などF1活動の実務は、レース関連子会社のHRCが担当する。レッドブルへの技術支援という形を取る現在の関わり方とあまり変わらない。ただ、現PUは基本的に開発が凍結され、開発に関わる資金や人員も限られているが、26年から一新されるPU開発では大きなリソースが求められる。三部社長は「HRCが開発を担当するが、オールホンダ体制でトップを狙いたい」と会社を挙げての戦いを強調した。