レッドブルF1のクリスチャン・ホーナー代表が5日までに、不適切な写真を送ったとして従業員から告発された。チームは「今回の件を真剣に受け止めている。外部の弁護士を通じて独自の調査を始めた」。ドイツのブロガーが公開した写真や記事が発端といわれ、現在は削除された。どんな不正行為があったかは不明。ホーナー代表はオランダ紙で「事実無根」と反論したが、思わぬ形でチャンピオンチームにほころびが出てきた。(ルイス・バスコンセロス)