コマツのロゴが側面に入るFW46(チーム提供)
コマツのロゴが側面に入るFW46(チーム提供)
 ウィリアムズF1は5日、ニューヨークで今季の体制発表会を開き、今季型車「FW46」のカラーリングを公開。昨季と同様、チーム伝統の青を基調とし、新たに複数年のパートナー契約を結んだ日本の建設機器メーカー「コマツ」のロゴが、側面に大きく描かれた。

 コマツは、ウィリアムズがタイトルを数多く獲得した、黄金時代の1980〜90年代に提携しており、旧知の仲。新体制で再び上位復活を目指すこの時期に、タッグをまた組むことになった。

 ジェームズ・ボウルズ代表の指揮下で初めて開発されたFW46は、21日にバーレーンで始まる公式テスト前日に、トラックデビューする予定。同代表は「多くの努力を払って開発を進めている。安定してポイント獲得ができると信じている」と自信を見せた。