4年目に闘志満々の角田(?Red Bull Content Pool)
4年目に闘志満々の角田(?Red Bull Content Pool)
 米ラスベガスで今季体制を発表したビザ・キャッシュアップRBの角田裕毅(23)が9日までに、レッドブル系の独サイト「スピードウィーク」でデビュー4年目の抱負を語った。「多くのことが変化したこのチームは、エキサイティングな段階に突入した。そこに参加できることに興奮している」と張り切りモード。

 チームはローラン・メキース新代表の下、ピーター・バイエル最高経営責任者が就任するなど、首脳陣が一新。技術面でも、アルピーヌ元首脳のアラン・パーメイン氏がレーシングディレクターに就き、元国際自動車連盟(FIA)技術部門のティム・ゴス氏がチーフテクニカルオフィサーとして加わるなど、体制が大きく変わった。

 角田は「この新鮮な息吹が気に入っている。今季は、これまで学んだことを示したい。トップ10入りを目指して、力強く前進を続けたい」と飛躍を誓った。