フェラーリ、地元でワンツー・スタート
ラルフが奮闘の3番手
弟のラルフをバイクの後ろに乗せてコースの下見をし、初日トップ・タイムをマークしたM・シューマッハー(カメラ=立浪基博)
弟のラルフをバイクの後ろに乗せてコースの下見をし、初日トップ・タイムをマークしたM・シューマッハー(カメラ=立浪基博)
 第4戦サンマリノGPは13日午後、イタリア・ボローニャ郊外のイモラ・サーキットでフリー走行第1日の2回目セッションを行い、フェラーリのM・シューマッハーが1分25秒096をマークして初日トップに立った。午前中の雨はやみ、走行ラインが乾いたとはいえ、部分的に濡れが残る難しいコンディション。午前中は.....
【ログインして続きを読む】