マクラーレンは復調兆し
マニクール合同テスト3日目
ホンダの新エンジンに手応えを得た琢磨
ホンダの新エンジンに手応えを得た琢磨
 フランス・マニクールの合同テストは13日、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノー、BAR、ジョーダン、トヨタの6チーム/9台が参加して3日目を行い、佐藤琢磨(BAR)が最多の107周をこなして1分10秒830のトップ・タイムをマークした。この日は快晴の下でスタートしたものの、午後2時頃から雨が降って.....
【ログインして続きを読む】