故セナ担当エンジニアが統括
復活に向け決断
新責任者に就任する木内氏
新責任者に就任する木内氏
 ホンダが最終第17戦日本GP(13日決勝、三重県・鈴鹿サーキット)を前に、体制刷新を図ることが明らかになった。レース技術開発統括責任者の小川徹氏が退き、後任に木内健雄氏が10月1日付で就任することになったもの。木内氏は第2期プロジェクトで故A・セナのレース・エンジニアを務めた経験を持ち、92年の.....
【ログインして続きを読む】