ライコネンが悔しい2位〜琢磨は帝王抑えて6位
最終第18戦ブラジルGP決勝
優勝したJ−P・モントヤ(左)と抱き合って喜ぶ3位のR・バリチェロ(カメラ=川北眞三)
優勝したJ−P・モントヤ(左)と抱き合って喜ぶ3位のR・バリチェロ(カメラ=川北眞三)
 04年F1シリーズ第18戦ブラジルGPは24日(日本時間25日未明)、インテルラゴス・サーキットで決勝を行い、J−P・モントヤ(ウィリアムズ)が71周/1時間28分01秒451で自身、そしてチームにとっての今シーズン初優勝を飾った。03年ドイツGP以来となるうれしいキャリア4勝目。K・ライコネン.....
【ログインして続きを読む】