ブラジルGP決勝前にロータス駆る
観衆も大声援
 故A・セナのおい、ブルーノさんが24日、最終第18戦ブラジルGP決勝前に追悼走行に臨み、かつてハンドルを握ったロータスでサーキットを周回した。スタンドを埋めた観衆は、今年が10周忌となるブラジルの英雄を偲んで大声援。自身もレース活動を行っているブルーノさんも、国旗を振って喝采に応えていた。