ともに移籍予定だったロイド
合同テストは02年サロ担当エンジニアと
 D・ロイドがBAR(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング)に残留することになった。ロイドはO・パニスの担当エンジニアを務めており、トヨタ入りが確実視されていたが一転。そのためパニスは、仕事始めとなるスペイン・バルセロナの合同テストでは02年シーズンにM・サロを担当したエンジニアとコンビを組んで.....
【ログインして続きを読む】