今後は米国の市販車用タイヤ開発
 ミシュランのP・バセロン氏がこのほど、合同テストの行われているスペインのへレス・サーキットに姿を見せ、来週にもF1のタイヤ開発部門を離れることを明かした。現場を取り仕切る後任も既に決まっており、今後は米国で4輪市販車用タイヤの開発に携わることになる模様。会社組織でのポジションは上がるようだが、モータースポーツを統括するP・デュパスキエ氏との確執も噂されており、明らかな引責人事といえそうだ。

 ▽P・バセロン
 (移動は)突然決まったんだ。私は残るつもりだったんだけど、トップが決めたことだから。今年十分に勝てなかったからだろうね。