道見が2位で初表彰台
第4戦決勝
逃げ切って優勝を果たした高橋翼(中)、左は2位で初表彰第を獲得した道見、右は3位の藤波(カメラ=多賀まりお)
逃げ切って優勝を果たした高橋翼(中)、左は2位で初表彰第を獲得した道見、右は3位の藤波(カメラ=多賀まりお)
 【ツインリンクもてぎ(栃木県)多賀まりお】フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン(FCJ)第4戦決勝が12日、当地で行われ、ルーキーの高橋翼が2勝目をマークした。

        ◇     ◇     ◇

 高橋翼が3番グリッドから絶妙なスタートを切り、一気に首位に立つと、そのまま18周を逃げ切った。「集中して臨んだスタートが本当にうまく行きました」としてやったりの高橋。第2戦に続く2勝目をかみしめた。ポールポジション(PP)スタートの道見ショーン真也(FTRS)が初表彰台となる2位。5番グリッドから発進した藤波清斗(NDDP)が3位に入った。
道見を抑えて首位を快走する高橋翼(カメラ=多賀まりお)
道見を抑えて首位を快走する高橋翼(カメラ=多賀まりお)