荒組GT−Rは18位〜ベルトリーニ組マセラティが優勝
第7戦決勝
 FIA(国際自動車連盟)・GT1世界選手権はポルトガル・アルガルベ・サーキットで第7戦を行い、ニッサンGT−Rを駆るP・ダンブレック/M・クルム組(スモーパワー)は予選レース(18日)を制したものの、決勝(19日)は4位に終わった。ポールポジション(PP)から順調にトップを走ったが、ピット作業で.....
【ログインして続きを読む】