長島は22番手
第13戦ヨーロッパGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第13戦ヨーロッパGPは7日、スペインのリカルド・トルモで各クラスの公式予選が行なわれ、モト2クラスはチャビ・ビエルゲ(カレックス)が1分38秒936のタイムで昨年第2戦以来のポール・ポジションを獲得した。2番手には0.181秒差でジョー・ロバーツ(カレックス)が付け、3番手にポイントリーダーのサム・ロウズ(カレックス)が続いた。シリーズポイントでロウズと争うエネア・バスティアニーニ(カレックス)は15番手と出遅れた。

 日本の長島哲太(カレックス)は、プラクティス総合成績23位で予選Q1(プラクティス15位以下が出走し、上位4台が予選Q2進出)へ。Q1では1分47秒432の8番手で、決勝グリッドは22番手となった(共同通信デジタル)