自動車の世界ラリー選手権、サファリラリー・ケニアで走行する勝田貴元=27日(ロイター=共同)
 自動車の世界ラリー選手権、サファリラリー・ケニアで走行する勝田貴元=27日(ロイター=共同)
 自動車の世界ラリー選手権(WRC)第6戦、サファリラリー・ケニアは27日にゴールを迎え、28歳の勝田貴元(トヨタ)が2位となり、初の表彰台に輝いた。日本人ドライバーが3位以内に入るのは、1994年の篠塚建次郎(三菱)以来で27年ぶり。

 勝田は今季からWRCにフル参戦。この日の最終日を総合2位で迎え、他のドライバーにアクシデントが相次いだレースで堅実な走りを見せた。

 WRCは73年に始まり、日本勢では篠塚が91年、92年に優勝している。ことし11月には最終戦のラリー・ジャパンが愛知、岐阜両県で開催される。(共同)