決勝で走行するアルファタウリの角田裕毅=アブダビ(ロイター=共同)
 決勝で走行するアルファタウリの角田裕毅=アブダビ(ロイター=共同)
 自動車のF1シリーズ最終第22戦、アブダビ・グランプリ(GP)は20日、アブダビで決勝が行われ、11番手から出たアルファタウリの角田裕毅は11位でゴールした。角田は総合17位でシーズンを終えた。ドライバー部門で総合2連覇を決めているレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季15勝目、通算35勝目を挙げた。

 フェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が2位、レッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が3位で続いた。(共同)