米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は22日、2020年の世界販売台数が前年比30〜40%増となる見通しを明かした。新型コロナウイルス感染拡大の影響をはねのけ、節目となる50万台が視野に入った。新型コロナで自動車大手が需要減にあえぐ中、テスラは環境問題を追い風に成長が続く。19年実績は前年比50%増の36万7500台だった。また、長持ちでコストの安い車載電池の中核部品を独自開発していることも明らかにした。