自動車の国内大手8社が29日発表した9月の世界生産は、前年同月比1・7%増の241万5940台だった。中国や米国が新型コロナによる落ち込みから回復基調にあり、8月の12・1%減から増加に転じた。新型コロナ拡大以降、プラスになったのは初めて。

 トヨタ自動車は国内で新型スポーツタイプ多目的車(SUV)のハリアーが好評で11・7%増。米国に生産拠点を置くスバルも13・0%増で、トヨタとスバルはともに9月として過去最高。スズキも19・1%増と好調だった。ホンダは9・9%増。海外での生産が単月として過去最高だった。マツダも海外での乗用車生産が伸び、1・0%増となった。

 一方、新型コロナによる生産調整が続く三菱自動車は39・9%減、主力の米国市場で不振の日産自動車も20・0%減。ダイハツ工業もインドネシアでの生産減少が響き、4・9%減だった。