ホンダは5日、上級ミニバン「オデッセイ」=写真=の一部改良を行い、6日から売り出すと発表した。内外装のデザイン変更や、装備などの充実が主な変更点だ。

 シャシーやパワートレーンは従来のままだが、全長と全高が10〜15ミリ拡大されるなど外観を大きく変え、フロントマスクを中心に迫力は大幅に増した。内装もメーター周りのデザインを変更し、液晶パネルを3・5インチから7インチに拡大して視認性をアップ。車体に触れることなくドアやリアゲートを開閉できる便利な装備を加え、安全運転支援システム「ホンダセンシング」に後方誤発進抑制機能も追加した。

 値段は349万5000円から458万円。一部のグレード体系を見直し、ハイブリッドモデルを「e:HEV」と表記するようになった。