ホンダが発売する自動運転「レベル3」相当の技術を搭載した高級セダン「レジェンド」
ホンダが発売する自動運転「レベル3」相当の技術を搭載した高級セダン「レジェンド」
 ホンダは4日、高速道路でシステムが走行を担う自動運転技術を搭載した高級セダン「レジェンド」を5日に発売すると発表した。米国自動車技術者協会が定める運転自動化「レベル3」に相当し、国土交通省によると市販車では世界初。ドライバーは走行中にスマートフォン操作や車内モニターの動画視聴などができるようになり、完全自動運転の実現へ大きな一歩になりそうだ。

 100台の限定生産で、メンテナンスパックを付属した3年のリース販売のみとなる。価格は1100万円(税込み)。

 これまでのレベル2でも自動運転中にハンドルから手を離すことができたが、システムはあくまでも運転の「支援」で、主体はドライバーだった。レベル3では自動運転時にドライバーの前方注視義務がなくなる。

 レジェンドに搭載されたレベル3の自動運転機能「トラフィックジャムパイロット」は、高速道路の渋滞で時速30キロ以下になると作動。システムが自動でハンドルやブレーキ、アクセルを操作し、低速走行や停止、再発進を任せられる。