ホンダは23日、世界で販売する新車を2040年に全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。ガソリンエンジン車の撤廃を掲げたのは日本の自動車メーカーでは初めてで、世界の主要メーカーでも先進的な取り組みとなる。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)を含めた電動化を進める国内他社とは一線を画し、明確に「脱ガソリン」へかじを切る。

 EVとFCVの販売比率は現在の1%未満から段階的に引き上げ、米欧と中国など主要市場の合計で30年に40%、35年に80%を目指す。日本では30年にまずは20%とし、新車販売はHVを含めて全て電動車とする。

 電動化と安全機能の強化のための研究開発費用に今後6年間で約5兆円を投じる。東京都内で記者会見した三部敏宏社長=写真=は「高い目標を掲げることで、実現に向けてチャレンジしたい」と語った。