マツダは17日、2022年から25年にかけて電気自動車(EV)3車種とハイブリッド車(HV)5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5車種を日米欧と中国、東南アジアに順次投入すると発表した。脱炭素化の対応を加速し、30年時点で世界生産の全てを電動車に切り替える。

 EVとHVなどを同じ生産ラインで効率的に造ることで、新車投入にかかる費用を抑制する。HV5車種には、資本提携先のトヨタ自動車が供給するシステムを搭載した車を含む。EV専用の車台を開発し、この車台を使った新たな複数のEVを25年ごろから30年に発売する計画も示した。