川崎重工業が公開した電動二輪車の試作モデル
川崎重工業が公開した電動二輪車の試作モデル
 川崎重工業は6日、二輪車事業で脱炭素化を進めるため、モーターとエンジンを併用するハイブリッド車と、モーターと電池で走る電動車を2025年までに10機種以上投入すると発表した。同社で初めての電動二輪車となる。35年までには、日本と北米、欧州を中心とする先進国で、主要機種を電動化する。1日付でオフロード四輪車などを含む二輪車事業を分社化し「カワサキモータース」(兵庫県明石市)を設立した。