トヨタ自動車は15日、車の運転席シートに後付けし、高齢者らの安全運転を支援するクッションを発売した。座面の左右に膨らみを設けることでふとももを横から支え、足の開きを補正してアクセルとブレーキの踏み間違いを起こりにくくする。

 東京・池袋で乗用車が暴走した死傷事故など、踏み間違いが原因とされる事故が相次いだことを契機に2年前に開発を始めた。トヨタ担当者は「悲惨な事故を一件でも多く防ぎたい」と話す。販売価格はニット素材のタイプが4290円、スエード調が6160円。

 商品名は「安心ドライブサポートクッション」。高齢になると股関節が開きやすく、足先がアクセルに近づく傾向があるといい、足の開きを抑えて足先をブレーキに寄せる。運転時の筋肉への負担を軽くしたり、体の安定感を高めたりする効果もある。

 国内のトヨタ車販売店などで取り扱い、簡単に取り付けることができる。新車だけでなく、販売済みの多くの車種にも対応。楽に座る目的で助手席に取り付けることもできる。