ホンダは28日、1回の充電で走れる距離を従来の約1・2倍の77キロに伸ばした新型の屋根付き電動三輪スクーター「ジャイロ キャノピー イー」=写真=を、法人向けに29日に発売すると発表した。希望小売価格は71万5000円。年間1000台の販売を目指す。新型コロナ禍をきっかけに需要が伸びている宅配などでの利用を想定。電池容量を増やした新型の交換式バッテリーを搭載した。バッテリーはヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の車両にも利用できる。