軽自動車の10月の車名別国内新車販売台数は、スズキの「ワゴンR」が前年同月比79・7%増の8808台と6年10カ月ぶりに首位となった。スズキ車のトップもその時以来になる。軽以外の自動車(登録車)を含む全体では、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が43・0%減の1万596台で4カ月連続の首位。自動車販売の業界団体が5日発表した。

 全体の2位がワゴンRで、9月に発売した新型車「ワゴンRスマイル」=写真=が寄与した。ホンダの軽「N−BOX(エヌボックス)」は全体の5位、軽の3位に落ち込み、1年11カ月ぶりに軽の首位から陥落。東南アジアの新型コロナウイルス禍による部品調達難や半導体不足が響き、上位10車種のうち6車種が前年実績を大きく下回った。