SUBARU(スバル)は15日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「SUBARU XV」を全面改良した新型を「クロストレック」に名称を変更して2023年に国内市場に投入すると発表した=写真。今秋以降に予約の受け付けを開始する。全面改良で、運転支援システム「アイサイト」の最新版を導入。二輪車や歩行者との衝突を防ぐため、従来より広い範囲を認識できるカメラを採用する。現行のXVの価格帯は200万円台を中心に展開し、改良後の価格は今後公表。世界各国でも販売する。