トヨタ自動車グループの豊田自動織機は29日、フォークリフト用エンジンの排出ガス試験の不正問題を巡り、新たに自動車用ディーゼルエンジン3機種の出力試験でも法規違反が見つかったとの調査結果を発表した。フォークリフトや建設機械用でも不正が4機種から11機種に拡大した。トヨタは該当するエンジンを搭載する「ランドクルーザー」や「ハイエース」など10車種の出荷を停止すると発表した。トヨタグループでは、日野自動車やダイハツ工業、愛知製鋼でも品質を巡る不正が相次ぎ、グループを率いるトヨタの責任が問われる事態になっている。