会見で質問に答える章男会長=名古屋市西区で(中森麻未撮影)<br />
会見で質問に答える章男会長=名古屋市西区で(中森麻未撮影)
 トヨタ自動車の豊田章男会長は30日、名古屋市内のトヨタ産業技術記念館で会見し、日野自動車やダイハツ工業、豊田自動織機などグループ会社の相次ぐ不正に関し「お客さまをはじめステークホルダーの皆さまにご迷惑、ご心配をおかけしていることを深くおわび申し上げる」と謝罪した。今後は「私が責任者となり、グループの変革をリードしていく」と自ら先頭に立ち、風土改革に取り組む決意を明かした。

 不正は認証制度にかかわるものばかり。「(各社が)成功体験を重ねる中で、大切にすべき価値観や、物事の優先順位を見失う事態が発生していた」と説明。原点回帰の意味を含めて新たなグループビジョン「次の道を発明しよう」を掲げ、各社と共有して企業体質の改善を進めるという。

 豊田会長は、社長を務めた昨年3月までの14年間で、不正を見抜けなかったという。「リーマン・ショックや東日本大震災、タイの大洪水などいろいろな問題が起き、トヨタを何とか立ち上がらせるだけで精いっぱいだった」と振り返った。

 会見前、17社のグループ企業の責任者や現場統括者らが集められ、豊田会長と意見交換したという。株主総会までは各社の動向を見守り、「全ての総会に出席して確認したい」とした。