同じチームから出場した本山(左)と左近。ピットでもライバル心むき出しだった(SFL提供)
同じチームから出場した本山(左)と左近。ピットでもライバル心むき出しだった(SFL提供)
 スーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)の最終大会(18〜20日、富士スピードウェイ)を盛り上げたのが、元全日本王者の本山哲(49)と、元F1ドライバーの山本左近(38)だった。ともにB−Maxからスポット参戦し、慣れないマシンでサイドbyサイドのバトルを展開。やんやの喝采を浴び、2人のドライバー.....
【ログインして続きを読む】